スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャングムテーマパーク

ソウルからちょびっとだけ足をのばそうか。
近隣の都市は前に行ったことがあるからどうしよう。
・・・という話で決まったのが"チャングムテーマパーク"
Iちゃんも私も結局のところミーハーなのです。

ここへは電車&バスに乗って行った。

バスを待っている時、同じ目的に向かう台湾人カップルと話す機会があった。
しかし、私の中国語全く役に立たず。。 _| ̄|○
英語を話せる人だったので、頭をフル回転させて英語で話した。
韓国で台湾人と英語で会話!なんともインターナショナルなシチュエーション



07.06 02チャングムMBC
バスで目的地に着くとMBCの看板発見


07.06 03チャングム道.
看板通り、まっすぐ歩きます。


07.06 04チャングム入口
ここで入場料支払う(大人5,000W)
VISAで払うと20%OFFだった。係員はめんどくさそうだったけど(笑)


07.06 06チャングム案内
案内パンフをくれて、帰りのバスのことも教えてくれた。
パンフに書かれてある番号順に進めばよく分かる。


07.06 05チャングム入口道
ちょっと歩くと何か芸能人のパネル。


07.06 07チャングム手形
手形もある。誰のかは。。知りません。


07.06 08チャングム道
何かまたパネル。


07.06 09チャングム展示場
写真展もやってた。


07.06 10チャングム写真スポット
なりきって写真を撮ったり~(笑)


ここまで来てやっと王宮入口に辿り着いた~!
07.06 11チャングム王宮入口


さっそく中に入ってみよう~ → → → → → → → → → → → → → ↓
                                 

more...

スポンサーサイト

tag : ロケ地

清進屋(チョンジノッ)

ふりかえってみると食べてばっかりの旅行だな。
でもまだまだ食べるよ。

朝食にヘジャングッを食べに行った。

ヘジャングッは牛の骨を煮込んだスープに、
具はモツ系やソンジ(牛の血をかためたもの)や野菜が入ってて、
二日酔いに効くとされているんだそう。


どんなもの?と興味本位で、これまた宿から徒歩圏内の"チョンジノッ"に行った。

07.06ヘジャングッ3


中に入ると客層はアジョッシ軍団と家族連れって感じ。
女の人はあまり来ないのかな?と思ったけど、
後からカップルとかも入ってきてた。


私はスープなどにごはんが入ってるものがキライなので、
注文の時、ごはんと別々にしてほしいと知ってる韓国語を羅列して
頼んだら理解してくれた。

07.06ヘジャングッ
5,000Wなり。ごはんと別々にすると5,500W

テーブルに来た瞬間、ケモノの匂い。。
ウッ、これムリかも。。(涙)とかなり弱気になったケド、
食べてみるとあっさりしてて全然クセがない。

テーブルにあった、塩とかトウガラシとかを入れて食べました。


07.06ヘジャングッ2
ソンジ(牛の血のかたまり)のアップ!
見た目グロいケド、これ自体はあんまり味はしなかったなぁ。

ホント韓国って色んな料理があるなぁ。。

tag : ロケ地

ウォンハルモニポッサム

川沿いを歩いて、お腹も食べる準備万端!
東大門に着いたし、さて晩ご飯のお店はと。。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

お店の資料を宿に置いてきてしまった(涙)
どうしよう。。めっちゃ食べたいのに。。
必死に頭の中のひきだしを探るけど、
"東大門駅だったか、東大門運動場駅かの
何番出口から徒歩数分のおばあさんの黄色い看板の店"
と使えない情報のカケラしか出て来ない。。

はぁ~と凹みながらも、途中で買物したり、屋台覗いたり
イベントを見てみたり。。

07.06ミリオレ
ステージでイベントやってて人だかり。

ファッションビルDoota1Fの観光案内に行ってみた。
そこで、Iちゃんが日本語フリーペーパーをパラパラとめくってたら
『あれ?行きたい店ってココちゃうん?』って!

何とたまたま入ったビルの観光案内にたまたまあったフリーペーパーに
私達が行こうとしていた店が載っていた~~。
日頃の行いがいいのか、こんなところで運使ってるからダメなのか。。


前置きが長くなったけれど、
とにかく目的の"ウォンハルモニポッサム"に辿り着けた!
このお店、先ほどの観光案内所があるDootaビルのすぐそばだった。


前回の旅行の時には食べるものが多すぎて泣く泣くあきらめたポッサム。
だから2年越しの念願が叶いました
ポッサムは蒸し豚をキムチなどに巻いて食べる料理。
蒸し豚&キムチの相性が絶妙なヘルシー料理なんだって。

07.06ポッサム1
モドゥムポッサム小24,000Wを注文。それとお腹が空いてるのでご飯も。

07.06ポッサム2
脂身も脂っこく感じない!


07.06ポッサム3
野菜やキムチと一緒に食べる。

うまーい!ホントにうまーい!!し・あ・わ・せ

このお店、チェーン店で色んなところに支店があるのか。
24時間営業らしく、お客さんも次々と入ってきます。

私達は大満足で店を後にし、その後はファッションビルへ
掘り出し物を探しに出かけました。

☆この方どなた??☆(写真はIちゃん撮影)
06東大門イベ1

06東大門イベ2
それほど大きくないステージで歌ってて、前の方でファンがキャーキャー言ってた。

清渓川

トッポッキでお腹いっぱいになり、
外に出るとクラッとするような暑さ。。

一旦宿に戻り、ちょっと、ほんのちょっと30分くらいお昼寝ーー。

・・・のはずが、気が付くと2人とも3時間寝てしまっていた。
暑さで体力が奪われたのかな。すでに夕方で日差しも昼間ほどではない。

弘大や北村なんかにも行きたかったのだけれど、
インサドンから歩いて行ける清渓川のほとりを散策することにした。

07.06川辺
2年ほど前に整備されたんだそうでとってもきれい。


07.06川辺2
ファミリーが水遊びしたり、カップルがマッタリしてたりと
何だかのどかな雰囲気。


私達は東大門めざして川沿いを歩いた。
東大門に夜ご飯を食べようとしている店があったから。


07.06川の橋
橋の飾りがきれいだったんだけど、うまく撮れてない。。


07.06禁止事項
川での禁止事項

鐘閣あたりから東大門まで歩いたのかな?
思った以上に遠かった!すっかり日も暮れてるし。
でもお腹もちょうどいい感じに空いてきたーー!

マボンニム・ハルモニ・トッポッキ

FourSeasonsHouseを後にした私達は、本屋やCD屋をウロウロ。
そろそろお腹も空いてきたので、新堂洞のトッポッキ通りに行った。

お店は"マボンニム・ハルモニ・トッポッキ"
私が以前行ったことがあって、今回Iちゃんも行きたい!というのでリピート

07.06トッポッキ
トッポッキ2人分なり。

前は少食のAちゃんと行ったので、卵以外は1人前で頼んだ。
今回もそうしようかと思ったら、アジュンマに2人前からしか頼めない的な
ことを言われたので、おとなしく2人前注文~。
あ、お金は前払いね。

07.06トッポキ2
グツグツ煮ると真っ赤なとうがらし色に!
この赤いのが服に飛ばないように、壁にかかってるエプロン装着~。
フォークで食べます。

辛いケド、うま~い! (゚д゚)ウマー

07.06トッポッキたくわん
そして、絶妙な組み合わせのたくわん。トッポッキの辛さにぴったり。

ちょっと多いかと思われたけど、ペロリと平らげました。
Iちゃん、この人細いくせにすごい食べるねんなぁ。。
でも韓国ではおやつだと聞いたのでびっくり。

前は店の前でソフトクリームを売ってたんだけど、
今回は売ってなかったなぁ。ざんねん~。

外では高級車で乗りつけたマダム風の人もお持ち帰りしてました。

Four Seasons House

冬ソナなどで有名なユンソクホ監督の事務所YOON’S COLORに
5月末、ドラマの小道具などが見られる展示館が出来たというので、
タイムリーだなぁと思い、行ってきました。

色々調べると事前に予約が必要で、
予約はYOON’S COLORのHPか電話で受付だという。
HPに飛んでみたけど、ハングル分からなかったので電話で予約した。

旅行前に日本から電話して、とりあえず『ヨボセヨ、日本語OK?』
と言ってみると、大丈夫だったので、予約完了!


地下鉄6号線サンス駅(NO.623)駅から徒歩数分。
テクテク歩いてると、看板が見えてきた~。

07.06案内看板



角を曲がって、すこし坂をあがると。。じゃ~ん!
07.06フォーシーズン入口



07.06門のパネル
入口脇にも何か看板が。


07.06フォーシーズン階段
階段を上がるとスタッフの人が『予約していますか?』って
日本語で聞いてきたので、『はい。電話で』と言った。
予約してなくても追い返されることはないような雰囲気だったけど
予約してない人は『予約して下さーい!』と言われてたヨ。
入場料は5,000W。

07.06外観


この時の来館者はほぼ日本人!
韓国ドラマ人気は健在だなぁって実感。

日本語のできるスタッフの人が色々説明して廻ってくれるけど、
『説明がいらなかったら自由に廻ってもいいですよ~』って。

07.06見取り図
見取り図


07.06展示室への通路
展示室へ向かう道にはポスター



◆冬のソナタ
07.06冬ソナ

07.06冬ソナ2

07.06冬ソナ3


◆春のワルツ
07.06春のワルツ

07.06春のワルツ2

07.06春のワルツピアノ


◆秋の童話
07.06秋の童話

07.06秋の童話2

07.06秋の童話3


◆夏の香り
07.06夏の香り

07.06夏の香り2

07.06夏の香り3


◆雪の女王
07.06雪の女王1

07.06雪の女王2

07.06雪の女王3

07.06雪の女王セリフ



07.06監督の賞
監督の獲った賞
07.06時計
壁に掛かってた時計


07.06お庭

07.06お庭から入口側
庭もかわいい。

ぐるっとまわったら30分くらい。
写真なんか撮ってたら、所要時間1時間くらいかな?
小道具や写真を近くで見られて面白かった。

tag : ロケ地

フンブネチプ

ソウルタワー近辺で楽しんだ後は、明洞をウロウロ。
明洞と言えば、何となくイメージが台北西門町とかぶるなぁ。

到着したその日からあんまり飛ばしすぎても疲れるだろうと思い、
私達は宿近くでご飯を食べることに。

この日の夕食はIちゃんがセレクトしたタコ料理のお店"フンブネチプ"
仁寺洞通りから脇道にそれた鐘閣へ繋がる道にあって、
夜は飲み屋街みたいな感じ。

ハングルが読めない私達は、多分ここかなぁという店の前で立ち止まってると
通りすがりのホロ酔いのおっちゃんが携帯で話していたにも関わらず、
『どうしたの?』みたいな感じで聞いてくれたので、
Iちゃんが、『フンブネチプ?』と指差すと
『うん。そう』みたいな返事をしてくれたので、店に行ってみた。
店のアジュンマ(おばさん)にも尋ねたら、そうだと席に案内してくれた。

07.06たこなべ屋
お店。これはお昼間に通った時に映したもの。
駐車場の脇に道があって、その道沿いに入口がある。


07.06たこなべ
鍋?というか、炒めモノというか。何だろう?
タコ、野菜、トッポッキなんかが入ってる。
このタコ、密かに動いてます!ヒィ~!!・・・ま、それだけ新鮮ってことで。


07.06たこパンチャン
んで、また色々ついてる^^
ワカメの冷たいスープもあったんだけど、酢が入ってて辛い料理と合う!

半分以上食べた頃でしょうか、
お店のアジュンマが『ごはん混ぜてあげる』みたいなことを言ってます。

そして、私達が食べていた白ご飯の残りをポコっと入れて、
ごま油とのりをトッピングして炒飯を作ってくれた。

07.04ポックンパッ
これも美味し~い♪
2人で12,000Wくらいだったかな?チャルモゴッスムニダ~

南山ケーブルカー&階段

ジェリーのブログ、約2ヶ月ぶりの更新!
題名どおり、ホントに"好久不見"だわ~。
Jerry's Blog→

jerry@tokyo wiz car



☆☆☆☆
ソウル旅行記


天気もいいし、ソウルタワー方面へ行こうかということになった。

ソウルタワーへ行くケーブルカー乗り場まで明洞から歩いて
行けるとのことだったので、その通り行ってみたけど、しんどー

坂道を登ってやっとこさケーブルカー乗り場に到着。。
往復チケット(7,000Wだったかな)を購入して乗車口で待つ。。

07.06南山ケーブルーカー
ケーブルカー乗車口


07.06南山ケーブルカー2
ケーブルカーが来ました!赤い方!


07.06ケーブルカーから
超満員で居心地いいとは言えないけど、景色はきれい!
ソウルタワーが見えてきた~!


07.06ソウルタワー下
ソウルタワー下の休憩所?何かよくドラマに出てくるんだそうです。


07.06ソウルタワー
ソウルタワー。でかーい!


・・・とここまで来ておきながら何ですが、ソウルタワーには登らなかった。
以前夜景を見に登ったことがあるので、もうエエやんということで。
とりあえず、ソウルタワーをグル~っと一周。


07.06ソウルタワー下からの景色
登らなくてもいい眺めでしょ(笑)


07.06ソウルタワー下羊
羊もおるし。

眺めのいい場所に椅子がたくさん置いてあるんだけど、
ここはデートスポットなのかな。
何か彼女を一眼レフで撮影しまくる彼氏続出!!
彼女達もポーズ取ってまんざらでもない様子。。
私達は人間ウォッチングを満喫してまた下りのケーブルカー乗り場へ~~。


07.06ケーブルカー中
帰りは青い方です~。


07.06ケーブルカー椅子
ケーブルカーのベンチは2つしかないから争奪戦!


ケーブルカーを降りた後は、せっかくここまで来たんだし、
よくドラマに出てくる、いわゆるポッポ階段まで行こうということに。

ケーブルカー乗り場から出ると右手に売店や軽食屋が並んでます。
その前を通りすぎ、道なりに坂を歩いていると、
Iちゃんと2人で『あ~!この道見たことある!』

07.06ケーブルカーから階段への道
ケーブルカーから歩いてきた道を振り返ってパチリ。


目的の階段は信号が目印
信号を見つけたら、道路の向こう側に階段が~。
07.06階段



07.06階段上から
上から見ても分かるように、この階段登るのも相当しんどい。
でも登ったよ。。サンダルだったけど
階段の上は風通しもよくて、ジョギングや犬のお散歩コースみたいです。


07.06階段手すり
でも帰りは手すりに座って、ス~とすべって降りたので楽チン♪
めちゃ楽しくて、一番テンション上がった瞬間だった

帰りはまたケーブルカー前を通りすぎて、坂道を降りて帰りました。

tag : ロケ地 交通手段

韓流館でひとやすみ。

ソウルでは、予想以上の暑さに街を歩いているだけでもどっと疲れた。
ちょっと屋内に逃げようってことで、情報収集も兼ねて、
韓国観光公社の韓流館に寄った。
インサドンから行くと清渓川渡ったところにある。

韓国観光公社案内所詳細→

07.04観光案内入口
階段を下りたところにある。


07.04スターパネル
スターのパネルがいっぱい。メジャーどころがずらりと並んでた。


パネルと2ショットで写真を。。
07.04チャンドンゴン


07.04Rainパネル


07.06クォンサンウ


手形もたくさんあった。
07.04Rain手形
Rain

07.04キムジョンフン手形
キムジョンフン  宮のユル君だ~。

07.04チャンドンゴン手形
チャンドンゴン


写真もたくさん。
07.04観光案内パネル


面白かったのがこのコーナー。
07.04観光案内写真撮影

1.自分達の写真を撮る

2.背景&スターを選択

3.合成した写真を自分のメールに送れる。


インターネットも使えるし、観光案内パンフの種類もたくさん。
涼しくて、楽しく遊べて、ゆっくり休憩もできた。
さて、私達は次の目的地へGO~。

インサドン通り周辺

ソウル仁寺洞(インサドン)通りは、お土産屋さんや伝統茶などで有名。
週末には歩行者天国と化すのでたくさんの人人人!

07.06インサドン


屋台もたくさん出てるし、歩いてるだけでも楽しい。

07.06ダチョウ
ダチョウのあやつり人形を売ってる屋台も。。

以前、観光がてらに何度か歩いたことはあるけれど、
今回の旅行でここの宿を拠点として行動したことによって、
なんと便利な場所だろう!と再発見。

仁寺洞通りから少し脇道に入ると市場や安い定食屋さんもある。

07.06市場キムチ2
市場のキムチ屋さん。

07.06市場キムチ
Iちゃんはここでスルメキムチを買ってました。


07.06餅屋
お餅屋さんの並ぶ通りも。。

07.06餅屋の豆菓子
豆菓子を食べてみた。美味しいけど、歯にひっつくヨ!

交通だって、地下鉄3線の駅が徒歩数分。空港バス停留所だって徒歩。

観光案内所もあるし、銀行や両替店もすぐそばにある。
それにチムジルバン(韓国の健康ランドみたいなの)も近くにあったよ。

おかげで今回の旅はタクシーいらずでした。
こんなに便利な場所だけど、夜は静かでぐっすり眠れる

ビョルグンシクタン

チェックインも済ませて、さぁお昼ご飯へGO~

・・・とその前に銀行で両替をした。空港よりはレートがよかったかな。
でも結局は街の両替商のレートが一番よかったけど。
いずれにしても円が弱いからどこ行っても、以前ほどお得感がなーい。。

お昼ご飯に選んだお店は"ビョルグンシクタン"
納豆鍋?っていうのかな、チョングッチャンが美味しいお店。

旅館のある仁寺洞通りから地下鉄安国駅側に向かって歩き、
民家の間の細い道をウネウネ~と歩いたらお店がある。

07.04チョングッチャン路地
民家の間の細い路地。ホントにこんなところにあるの~?


07.04チョングッチャン看板
あ!看板発見


07.04チョングッチャン入口
入口も民家のよう


07.04チョングッチャン2
これがお目当てのチョングッチャン!
納豆も野菜もいっぱい入っててヘルシ~

納豆キライな人は匂いがダメかも。
以前、ここに一緒に来たAちゃんは納豆好きにも関わらず、
『匂いがキツすぎる~』と言ってたけど、
Iちゃんと私は無類の納豆好き。それに臭臭豆腐も大好物なので、
これくらいは全然へっちゃらです。と言うか臭さを感じない。

07.04チョングッチャン
パンチャン(おかず)もいっぱい付いててうれしぃ
あ~こういうのホント好きやわ~。

値段はいくらだったっけ?1人5,000Wか6,000Wだったと思います。
(この時のレートが1W=0.13円)

初♪オンドル部屋

ジェリーとジャ○ーズ事務所の契約の話はホント?
ジェリーは活動の場を日本に向けていて、日本語学習に励んでいるとも。。
もし、日本でCMやドラマに出演しているジェリーが見られるとなると
ファンにとってはうれしいことだわね~。

記事を見ていたら、チェンボーリンのニュースも。
モデルのMANDYとの交際を公にしたとか。
07.06チェンボーリン&MANDY



☆☆☆☆
ソウル旅行日記。。

オンドルとは韓国に古くからある床暖房システムのことなんだけど、
そのオンドル部屋とやらに泊まってみたい!という私の希望で、
今回泊まったところはホテルではなく、旅館?ゲストハウスっていうの?

仁寺洞(インサドン)という、伝統的なものを売っているお店などが
ずらりと並んだ通りの脇道を入ったところにあるお宿。


07.06旅館1
1枚のふとんで2人が縮こまって寝たわけではなく、
ちゃんともう1枚敷いて、広々快適に寝られたヨ(笑)

07.06旅館2


う~ん。趣があるね~

よく考えたらせっかくのオンドルも暑い季節にはただのフローリングだった。。
今度は寒い季節に訪れてオンドルを堪能したいなぁ。

でも旅館のアジュンマ(おばさん)もとても親切で快適に過ごせたよ。
言葉が全然通じなかったので残念。。今度はちょっとは勉強してから来ます。

空港バスでソウル市内へ!

短い飛行機の旅は終わり、次はソウル市内へ。

空港でとりあえずバス代+αを両替して、バスチケットを購入。
07.06空港バスチケ


路線ごとにバス停が分かれているので、自分達のバス停を探していると
アジョッシ(おじさん)がこっちこっち!と手招きしてる。
行ってみると私達の乗るバス停だった!
え?何でうちらの乗るバス知ってるん~?!今でも不思議。。


07.06空港バス荷物置き
係員のアジョッシが車内の荷物台へ荷物を上げてくれた。

帰りは係員のいないバス停だったから、自分で荷物を上げた。
お、重い~(汗)。今考えれば、車内に持っていかずに
バスのトランクを開けてもらえばよかったのかも。。


07.06空港バス内
開いてる席に座ると『シートベルト締めて』的なことを言われたので
言われるままに装着。

途中までは高速道路なので爆睡。
車内アナウンスは韓国語&英語なので、市内に入ると耳をそばだててた。

降りたいバス停でピンポーンとボタンを押せば止まってくれる。

07.06空港バス帰りバス停
帰りのバス停。
行きに降りたバス停の向かい側にありました。

週間天気予報では、くもりマークだったけど、雲ひとつない快晴~。
あづい~サングラス&ぼうし持ってきてよかった。。

tag : 交通手段

2年ぶりのソウル。

あんにょ~ん!

美味しいものが食べたい!と思い、先週、韓国ソウルに行ってきた。
・・・と言ってもセレブ旅とは程遠い庶民な旅

今回の旅友はIちゃん
同じ時期に流星花園にハマったコで、私同様けっこうミーハー。
(そう言えばこのIちゃん、最近F4のことは何も言わなくなったな。。)


さて、発着時間や値段を吟味してエアはJALに決定

そして荷物を預ける時、やっぱり言われました。
係員『ヘアアイロンのガスお持ちですね?何個ですか?』
私 『1個です。ちゃんと本体に装着しています。』
係員『そうですか。では結構です。』

へへへっ。ちゃんと香港の時に学習したもんね~。
それに国土交通省のHPも確認したし。
ガスカートリッジは本体に装着してるもの1個はOKなのヨ!

液体の機内手荷物持込についてはうるさく言われたよ。
帰りのチェックインの時、係員が
『手荷物に液体入ってませんか?キムチもダメですよ』って。
そうなの、キムチも液体に入るの~?


なんせ、台湾よりも近い韓国。
時差もなく、関空からほんの2時間ほどで着いてしまうから
機内食は軽食のボックス。
CAさんも早く配らないと!と大忙しだった。

07.06機内食行
行きはサンドウィッチ。


07.06機内食帰り
帰りはバラ寿司。

tag : 交通手段

中華記事ですから~。

久々にネットで中華新聞を見ていたらF4の観光局の記事があった。

何となーくウワサになっているような話だけど、
ホントかなぁ?ま、中華記事だからね。。

記事によると
ドラマは7月から撮り始めるけれど、孝天&仔仔の出演は決定で
ヴァネは調整中、ジェリーは出演しないことが確定している。
ヒロインはまだ決まっていない。

CMについては、30秒のごく短いものだけど、
監督は『すごい大変!30秒で台湾のいいところを紹介しないといけないし、
F4個々の魅力も表さないといけない。
その上、誰かが誰かより1秒多く出演しても、少なく出演してもダメ。
そんなことしたらファンが怒ってくるから』

それぞれが忙しいメンバーの共演は時間調整も難しい。
でもクォリティの高さも求められ、まる2日かかってやっと完成した。
日本では7月から8月にかけて放送予定。

ドラマは12月末に日本・韓国で放送予定。
さらに台湾観光客を増やすべく、放送前にF4が再度、日本・韓国を訪れる予定。
また観光局は再び台湾で10月に2度F4イベントを計画しており、
少なくとも6千人のファンがF4と至近距離で会えるように
することを目標としているそう。



それにしてもこれがホントなら、また一生懸命働かなければ。。
石川啄木の詩が頭をよぎる(笑)
働けど 働けど なおわが暮らし 楽にならざり ぢっと手をみる

tag : 台湾観光局

士林夜市 2007年4月

台北旅行07年4月日記はこれで終了~。
記憶ってすぐ薄れるから、書いておくと次回行く時に結構便利なのだかえる


台北に行くとやっぱり士林夜市。
あのお祭り感は何度行ってもワクワクする。

日曜日&月曜日に行ったんだけど、
月曜日はあいにくの雨で人もまばら。。
やっぱりゴミゴミしてる方がテンション上がるよね~。

07.04士林夜市店
以前行った時にここの臭豆腐が美味しかった記憶があったのでリピート。
ハリセンボンのエジプトの壁画の方の人に似てる店員さんがいるヨ~!
結構呼び込みもやってて、活気あるお店。

07.04士林夜市メニュー
メニューを見て注文用紙に数書いて渡せばいいけど、
こっちが日本人だと分かると日本語メニューを持ってきてくれて、注文も取ってくれた。


07.04士林臭豆腐
Kちゃん&私が大好きな臭豆腐


07.04金針肉羹湯
金針肉羹湯


07.04士林天婦羅
士林天婦羅


07.04士林スイカジュース
今回すっかりハマったスイカジュース。
士林夜市のジューススタンドでも頼んでみた。
・・・。龍山寺そば龍都氷果専業家のスイカジュースの勝ちだ~。


07.04黄色巨塔
~色巨塔ってとこに反応しただけです(笑)


07.04士林玩具
松青スーパーに行く途中。微妙なキャラ。。


世界豆漿大王

噂ばかりで一つも姿が拝めなかったので、気抜いてたわ。
Jerryのニュース出てきてたのね。。
相変わらずオトコマエやんかいさ~。

2007.06Jerry日本

2007.06Jerry日本2

2007.06Jerry日本3

2007.06Jerry日本4


宣伝用写真撮影の為、来日したそうですが、
撮影中のジェリーを見つけて、白髪のオバ様から小学生までが
"ジェリー"と声をかけたので、スタッフもびっくりしたんだとか。

撮影後には日本料理を堪能したジェリー。
ホテルに戻ろうにも彼を見つけたファンが待ち構えていて、
なかなか動きが取れなかったんだって。

ジェリー来日の情報が流れると、ファンはフライトなど詳細にさぐりを
いれてみるけれど、コロコロ変更されて行動が分からず、
ネット上も混乱していたそう。


そして、6月9日は仔仔の26歳のお誕生日。
遅ればせながら、おめでとう~。

☆☆☆☆
台北の旅から2ヶ月経とうとしてる。
でもまだ撮った写真があるので、自分の記録用に書いておこう。。

"世界豆漿大王"に朝ご飯を食べに行ってきた。
ちょうど、F4イベントの日かな。時差を忘れて1時間早く起きてしまったので。。

ここは有名なんでしょうか、日本人観光客もたくさん来ていた。
日本語メニューもあるので、注文も大丈夫!
世界豆漿大王メニュー



07.04冰豆漿
冰豆漿

07.04冰米漿水
冰米漿水

07.04焼餅加蛋
焼餅加蛋 
パリパリしててめちゃウマ。
隣の席の人が『これは熱いうちに食べて!』と教えてくれた。
パンみたいに手掴みでいいんだそう。冷めないうちにいただきまーす。

07.04飯米團加鮪魚
飯米團加鮪魚
モチ米の中にツナが入ってる。ボリュームがあってお腹いっぱい!

07.04鮪魚蛋餅
鮪魚蛋餅
クレープ?みたいな感じ。店に置いてあったソースつけて食べた。

富覇王豚足

ジェリーと呉尊が共演か?と言われているドラマ"藍球火"。
話はホントに決まったんだろうか??
比較大好きリンゴ日報に出ましたね。やっぱり(笑)

リンゴ藍球火
27歳VS30歳は27歳のが勝ちってか?


☆☆☆☆

富覇王豚足は四平街の一角にある豚足がうまーいお店。
12時過ぎると地元の人で混むと聞いていたので、11時半頃に行ったら、
まだまだ席に余裕があり、4人テーブルに2人で座れたヨ。

店先で豚足を煮ているんだけど、そこをスルーして奥に入ってみた。
日本人と分かると、日本語がちょっとしゃべれる店員さんが対応してくれたので、
おすすめとか聞いて注文。

富覇王豚足IMG_3628


富覇王豚足IMG_3630


富覇王豚足IMG3629


富覇王豚足IMG_3631

とろっとろのお肉、にんにくの利いた野菜、スープ。全部(゚д゚)ウマー

現地の人って、食事の時にあまり水分を取ってなくない?
Kちゃんはやっぱりビール!ってことで台湾ビールを追加!
私は持参のお茶を飲みつつ、白ご飯も頼んだ。


富覇王豚足IMG_3627
注文はこの用紙に数を書き入れればOK~。


お手軽価格でお腹いっぱいになった。
私達が食べ終わる頃には店内も満席。
私達のテーブルもいつの間にやら相席になっていた。


富覇王豚足IMG_3634
帰る時、お店の外にはテイクアウトのお客さんの行列が。。
05 | 2007/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。