スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャングムテーマパーク

ソウルからちょびっとだけ足をのばそうか。
近隣の都市は前に行ったことがあるからどうしよう。
・・・という話で決まったのが"チャングムテーマパーク"
Iちゃんも私も結局のところミーハーなのです。

ここへは電車&バスに乗って行った。

バスを待っている時、同じ目的に向かう台湾人カップルと話す機会があった。
しかし、私の中国語全く役に立たず。。 _| ̄|○
英語を話せる人だったので、頭をフル回転させて英語で話した。
韓国で台湾人と英語で会話!なんともインターナショナルなシチュエーション



07.06 02チャングムMBC
バスで目的地に着くとMBCの看板発見


07.06 03チャングム道.
看板通り、まっすぐ歩きます。


07.06 04チャングム入口
ここで入場料支払う(大人5,000W)
VISAで払うと20%OFFだった。係員はめんどくさそうだったけど(笑)


07.06 06チャングム案内
案内パンフをくれて、帰りのバスのことも教えてくれた。
パンフに書かれてある番号順に進めばよく分かる。


07.06 05チャングム入口道
ちょっと歩くと何か芸能人のパネル。


07.06 07チャングム手形
手形もある。誰のかは。。知りません。


07.06 08チャングム道
何かまたパネル。


07.06 09チャングム展示場
写真展もやってた。


07.06 10チャングム写真スポット
なりきって写真を撮ったり~(笑)


ここまで来てやっと王宮入口に辿り着いた~!
07.06 11チャングム王宮入口


さっそく中に入ってみよう~ → → → → → → → → → → → → → ↓
                                 
午後2時すぎ着いたんだったかな。それほど混んではいなかった。


07.06 12チャングム王宮内


07.06 13チャングム王の椅子
王の椅子

07.06 14チャングム机
靴脱いで部屋の中にも入れる。

07.06 16チャングムサイン
誰のサイン?

07.06 17チャングム処罰
処罰されてた場所ーー。

07.06 18チャングム東屋
ドラマによく出てきた東屋。
紙に願いごとを書いて、おみくじみたいに結ぶようになってる。

07.06 19チャングム柿酢
ドラマで重要な役割の柿酢の壷

07.06 20チャングム衣装
貸衣装もあったけど、この日はマジ暑くてムリ。。

07.06 21チャングムかめ
かめ。何にも入ってなかった。

07.06 22チャングム台所


07.06 23チャングム尚官
ところどころにパネルがある。

07.06 24チャングム台所


07.06 25チャングム鳥籠
鳥かご

07.06 26チャングム集落
そばに民の集落

07.06 27チャングム公園
敷地内には広々とした芝生が広がってる。遠くにはマンション群

07.06 28チャングム弓矢
王とミンジョンホが弓矢対決したところ。

ドラマセットの中を自由に動き回れて面白かった。
でもホントに暑くて暑くて最後はグッタリ。。


◆行き方(電車&バス)

①まずは地下鉄1号線で逍遥山(soyosan)行きの電車に乗り、
佳陵(Ganung.NO.109)で下車。


この佳陵(Ganung)、前は旧議政府北部って駅名だったので、
昔の地下鉄マップには載ってなかったーー。


私達がホームで待っていると、逍遥山(soyosan)行きではなく、
途中の倉洞(chang-dong)行きが来たけど、乗り換えればいいかと
とりあえずその電車に乗りました。鐘閣から乗って、確か1,400W

車内アナウンスがよく分からなかったけど、なぜか
倉洞(chang-dong)の1コ前の鹿川(nokcheon)って駅で
みんな降りちゃって、降りたホームで待っているので、
降りないといけないのかな?と何となく降りてみた。←こういうとこ日本人(笑)
そして数分して逍遥山(soyosan)行きの電車が来て、みんな乗ってました。
何となく合ってたみたいだけど何だったんだろう?謎。

②佳陵(Ganung.NO.109)に着くと今度はバス。
駅の2番出口を出ると、タクシーが『チャングム、チャングム』と
観光客を待ち構えているのをムシして、車が走ってる大通りまで出る。
右手にある陸橋を渡って右の階段を降りるとそこがバス停。
30番のバスでMBCチャングムテーマパークまで。。。



07.06 01チャングム行バス停
バス停 運賃は1,000Wだった。

このバスって1時間に1本しかなくて待ってる間暑かった。
30番のバスでも行かないやつもあるけど、運転手さんに聞けば大丈夫。
運転手さんも慣れてるようで、降りる時も教えてくれた。


帰りは行きに降りたところの向かえのバス停から乗る。
これも1時間に1本らしい。
テーマパークに入る時に係員が詳しく教えてくれた。
07.06 29チャングム帰りバス停
待っていると30番じゃないバスが来た。
運転手さんが"乗って"とゼスチャーするので乗った。
このバスは850Wだった。2人で2,000W払うとちゃんと300Wのお釣りが出てきた。

07.06 30チャングム帰り駅
着いた駅は行きに降りた佳陵(Ganung NO.109)の
2つ先の州内(Junae NO.107)。そこから電車で帰った。
運賃は1,400Wか1,700Wだったかな?忘れてしまった。

tag : ロケ地

comment

管理者にだけ表示を許可する

へ~撮影の現場が結構そのままあるんや。小道具の壷まで。手紙の壷やんね。芸が細かいね!あちこちに置かれたパネル、ファンだったらお持ち帰りしたくなるほど、無造作に置かれてるなぁ(笑)

>Kちゃん

そうそう!壷とか開けて中身見たもん。
何か紙が入ってた。。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近の記事
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。